ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト

ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト「ペット保険カフェ」

ペット保険コラム

聴診器を当てられる犬

そもそも、ペット保険ってなに?

当サイト「ペット保険比較カフェ」に来られてこの記事を読まれている方の中には、 「ペット保険とは一体なんなのか?」と、全く知らないまでも、なんとなくペットショップなどで保険会社のチラシを見かけたり、CMなどで「あ、そんなものがあるんだ」程度の知識しかない方もいらっしゃるかもしれません。

ペット保険とは、ペットが病気やケガになった際に医療機関で治療を受けた場合に、治療費の一部を補償してくれる保険のことです。 例えば、突然骨折などの大きなケガや、重い病気などで入院・手術を行った場合は、何十万円もの高額な治療費が請求されるケースもあります。 医療技術の進歩や健康に対する知識の普及に伴い、年々犬や猫のペットは長寿化が進んでいます。しかしその一方で、一生涯あたりのペットにかかる医療費が増えているのもまた事実です。

以下は一例ですが、犬が骨折をして入院・手術を行った場合の医療費になります。

・診察費 5,000円
・入院費用(7日間)49,000円
・薬代 7,000円
・麻酔・手術費用 40,000円
・検査費用 3,000円
計 104,000円

ペットを飼われている方の間では常識かもしれませんが、日本ではペットの医療費に対して、人間のような公的な保険制度がありません。

そのため、ペットの医療費は全額飼い主が自己負担で支払わなければならないのです。 ちょっとした風邪などでの通院であれば、1回あたり数千円の医療費で済むかもしれませんが、これだけの金額を突然支払うことになった場合、家計への負担はかなり重くのしかかってきますよね。

そんなまさかの事態を助けてくれるのが、ペット保険です。

ペット保険の仕組み

ペット保険の存在や名前を知っていても、実際にどういった仕組みで補償がされるのか、いまひとつよくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ペット保険は、人間の保険と同様に、動物病院で支払った医療費の一部を補償してくれる保険で、通院・入院・手術の3つの治療が主な補償の対象となります。

ペット保険は人間にかける生命保険などと大きく異なる点として、1年ごとの掛け捨てで更新性を取っている・加入年齢に上限が設けられているなど、いくつかの特徴があります。

ペット保険の重要性

前述のような事故に遭われて高額の治療費が突然必要になったという場合だけではなく、ちょっとした病気の通院などにも利用ができます。

「ペット保険は掛け捨てだから、保険料を無駄にするよりは医療費を積み立てておく」という考えの方がいるのも事実です。

しかし、医療費を積み立てていると、少しくらいの体調不良だと「少し自宅で様子をみようか…」という心理に陥ってしまい、症状が悪化して手術や入院で高額な治療費がかかってしまったり手遅れとなる場合もありえるのではないでしょうか?

こういったケースを減らすためにも、ペットの様子がおかしいなと感じたらすぐに動物病院に連れて行かなきゃ!くらいの気持ちでいることが大事だと筆者は考えています。

そんな時、動物病院に連れて行くことを少しでも後押ししてくれるツールのひとつとして、通院のみでも補償をしてくれるペット保険の存在は非常に重要なのです。

手術した猫

次の記事 >>

ペット保険の重要性について

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。