ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト

ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト「ペット保険カフェ」

イーペットのペット保険

イーペットトップ

イーペットの企業情報

会社名 イーペット少額短期保険株式会社
本社所在地 〒807-0833 福岡県北九州市八幡西区南鷹見町15-20 折尾ロイヤルビル 1階
取扱い商品 ペット保険

イーペットについて

イーペットのペット保険は、ペットのケガ・病気に対して、支払い限度額の範囲内の保険対象となる診療費のうち、70%が補償される「e-ペット70」と、50%が補償される「e-ペット50」の2プランを展開しています。

年間60万円が上限であるものの、免責金額をはじめ、一日単位の上限金額・手術や通院の回数・日数制限がありません。また、「e-ペット70」であれば初回のケガについては完治まで全額補償です。

豊富な割引制度を揃えていることも大きな魅力で、2年目以降であれば最大で保険料が16%引きになります。

月額130円(年間一時払い1,440円)で賠償責任特約をつけられるところも魅力です。

イーペットの保険について

保有プラン 保障割合 年間最高補償額 補償内容 申込可能動物
e-ペット70 70% 60万円 通院・入院・手術 犬・猫
e-ペット50 50% 60万円 通院・入院・手術
ペット賠償責任特約 申込書記名の被保険者が飼育する全てのペット(犬または猫)が他人に身体障害や財物損壊を与え、法律上の損害賠償責任が生じた場合、一定額補償します。 ※1事故につき支払限度額500万円まで補償

割引制度について

インターネット割引

5%割引:当社ホームページからのお申込みで適用

多頭割引

3%割引:同一契約者・2頭目以降のペットに適用

マイクロチップ割引

3%割引:マイクロチップが装着されている場合に適用

無事故継続割引

5%割引:契約継続において過去1年間保険金のお支払いがなかった場合に適用

ご契約条件

保険をご加入いただくにあたり、以下の4つの条件を満たす必要があります

保険金をお支払いできない主な場合

お支払いの対象とならない主なケガ・病気

待機期間中の病気

・契約始期日から15日以内に発症した病気

遺伝性疾患および先天性異常

・保険契約始期日の前に獣医師の診断により既に発見されている遺伝性疾患および先天性異常

契約者・被保険者の行為によるもの

・契約者または被保険者の故意、重大な過失によるもの等

自然災害によるもの

・地震もしくは噴火またはこれらによる津波もしくは風水害等の自然災害

お支払いの対象とならない主な診療費等

予防に関する費用

・ワクチン接種費用、その他の疾病予防のための検査・投薬等

ケガ・病気にあたらないもの

・健康体に施す処置
・正常な妊娠、出産、交配、早産、帝王切開、流産、人工流産 等
・去勢、避妊、乳歯遺残、停留睾丸、臍ヘルニア、そけいヘルニア、歯石取り、歯切り、爪切り、耳掃除、肛門腺しぼり等

検査・代替医療等

・健康診断
・中国医学(鍼灸を除きます)、インド医学、ハーブ療法、アロマセラピー、ホメオパシー、温泉療法 および酸素療法等

診療(診察または治療)にあたらないもの

・食物や療法食、サプリメント、ビタミン剤等の健康食品、漢方薬(医薬品を除く)の費用
・シャンプー代を含む入浴費用、イヤークリーナー(院内処置を除く)の費用
・ペットの移送費、ペットホテルまたは預かり料、散歩料
・休日、時間外診療費および往診費
・診断書等の証明書類の文書作成費用
・カウンセリング、相談、指導の費用
・ペットの診療に付き添った者が負担した交通費等の付添費用

特長

イーペットのペット保険の特徴は、特徴は、70%と50%の極シンプルな2プランのみの商品ラインナップでありながらも充実の補償内容と比較的安価な保険料である点です。 免責金額をはじめ、一日単位の上限金額・手術や通院の回数・日数制限などもありませんが、年間60万円が上限となっています。

月額130円という格安価格でペット賠償責任特約もつけることができます。これは、飼い主さまが飼育するペットが他人に身体障害や財物損壊を与え、法律上の損害賠償責任が生じた場合、1事故につき支払限度額500万円まで補償してくれるというもの。

しかし、高齢期の保険料値上がり幅が他社比較で高めに設定されており、20歳まで毎年値上がりしていきます。他社の値上がりが12~14歳で止まるケースが多いことを考えると、高齢になればなるほど保険料が割高になってしまうというリスクもあります。

保険料について

基本保険料はどうぶつの種類・品種・年齢および補償割合により異なります。
※消費税は非課税となります。

e-ペット70(1回目のケガの補償割合が100%それ以外は70%の補償)

ペット年齢 小型犬 中型犬 大型犬
月払 年払 月払 年払 月払 年払 月払 年払
0歳 2,450円 28,050円 2,580円 29,500円 2,920円 33,320円 1,990円 22,730円
1歳 2,350円 26,800円 2,510円 28,660円 2,730円 31,210円 1,890円 21,570円
2歳 2,290円 26,140円 2,450円 28,010円 2,670円 30,570円 1,830円 20,890円
3歳 2,300円 26,240円 2,460円 28,090円 2,690円 30,700円 1,840円 20,980円
4歳 2,540円 29,080円 2,740円 31,330円 3,040円 34,750円 2,020円 23,110円
5歳 2,820円 32,220円 3,060円 34,940円 3,440円 39,340円 2,230円 25,450円
6歳 3,060円 35,000円 3,250円 37,130円 3,920円 44,790円 2,380円 27,220円
7歳 3,330円 38,030円 3,770円 43,100円 4,460円 51,000円 2,550円 29,110円
8歳 3,720円 42,550円 4,580円 52,290円 5,420円 61,940円 2,760円 31,530円
9歳 4,170円 47,610円 5,270円 60,210円 6,240円 71,370円 3,040円 34,710円
10歳 4,800円 54,860円 6,080円 69,440円 7,210円 82,360円 3,380円 38,640円

※ご契約継続の場合、11歳以降も保険引受の対象となります。
※保険料は、継続時に年齢が上がるごとに変更となります。
※11歳以上の保険料はこちらをご覧ください。

賠償責任特約の追加保険料

月払:130円    一時払:1,440円

e-ペット50(補償割合が50%の補償)

ペット年齢 小型犬 中型犬 大型犬
月払 年払 月払 年払 月払 年払 月払 年払
0歳 1,930円 22,030円 2,000円 22,860円 2,160円 24,690円 1,600円 18,290円
1歳 1,860円 21,200円 1,950円 22,280円 2,060円 23,580円 1,530円 17,460円
2歳 1,810円 20,730円 1,910円 21,810円 2,020円 23,140円 1,480円 16,970円
3歳 1,820円 20,800円 1,910円 21,870円 2,030円 23,230円 1,490円 17,040円
4歳 2,000円 22,840円 2,120円 24,200円 2,290円 26,200円 1,620円 18,570円
5歳 2,190円 25,080円 2,340円 26,770円 2,580円 29,540円 1,770円 20,230円
6歳 2,370円 27,070円 2,520円 28,800円 2,880円 32,870円 1,900円 21,750円
7歳 2,560円 29,220円 2,710円 30,990円 3,200円 36,580円 2,050円 23,380円
8歳 2,830円 32,350円 3,280円 37,500円 3,880円 44,330円 2,240円 25,580円
9歳 3,130円 35,820円 3,770円 43,110円 4,460円 51,000円 2,440円 27,830円
10歳 3,440円 39,320円 4,340円 49,640円 5,140円 58,780円 2,660円 30,440円

※ご契約継続の場合、11歳以降も保険引受の対象となります。
※保険料は、継続時に年齢が上がるごとに変更となります。
※11歳以上の保険料はこちらをご覧ください。

賠償責任特約の追加保険料

月払:130円    一時払:1,440円

評価

メリット

イーペットのペット保険のメリットは、免責金額をはじめ、一日単位の上限金額・手術や通院の回数・日数制限などがなく、ペットの具合いが悪くなった際に気軽に病院に連れていける点が大きいでしょう。

豊富な割引制度も魅力的で、2年目以降は保険料を最大で16%オフにできます。

ペットの年齢が10歳までは保険料も比較的安価であり、中でもバランスの良い50%補償の「e-ペット50」への人気が高まっています。

また、70%補償の「e-ペット70」であれば、初回のケガ限定で完治まで100%補償されるため、飼っているペットが急な大ケガをしてしまった際などにも安心です。

デメリット

イーペットのペット保険のデメリットは、なんといっても高齢期の保険料値上がり幅が急激であるところです。5~6歳くらいから徐々に高額になり、11歳以降の保険料は別ページでページを分けて紹介されるほど高額です。最高額は、20歳の大型犬で月額保険料が15,990円となっています。

また、窓口精算ができないため、お手軽に保険金を請求したいと考えている飼い主さまは少々手間を感じるかもしれません。

加入条件も他社と比較すると少々厳しめとなっており、持病がある、経過観察中、通院中などの場合を始め、過去半年以内に予防以外の目的で動物病院を受診していたり、先天性異常及びその疑いがあったりする場合は加入することができません。

イーペット徹底分析

イーペットのレーダーグラフ

画像クリックで拡大します

安さ
安さ3
補償内容
補償内容5
利便性
利便性4
商品の多様性
商品の多様性3
口コミ評判
口コミ評判2
総合評価
17
(25点満点中)

分析値

イーペットの保険料の安さについて

補償内容の手厚さを考えると、他社と比べても比較的保険料は安価であると言えます。しかし、保険料の値上がり幅が大きいため、ペットの年齢が上がるにつれ急激に割高になっていきます。10歳くらいまでは他社比較で順当ではありますが、11歳以降の保険料の上がり方が非常に急こう配であることから、かなりの高額となる場合も想定しておかなければなりません。

とはいえ、ペットの年齢が若いうちは非常に手厚い補償内容を安価な保険料で担保してもらえるため、高齢期にほかのペット保険商品に乗り換えるなど、ライフプランをきちんと練った上で利用する分には大きなデメリットではないでしょう。

価格については、高齢期以降の値上がり幅を考慮し、3点の評価としました。

補償内容について

イーペットのペット保険は、70%が補償される「e-ペット70」と、50%が補償される「e-ペット50」のシンプルな2プランで構成されています。どちらも免責金額、一日単位の上限金額・手術や通院の回数・日数制限などがなく、最大16%オフの豊富な割引制度や、月額130円で賠償責任特約も付けられることなどから総合的に手厚い補償内容であると言えます。

しかし、その分加入条件の敷居が高めに設定されており、審査落ちしてしまったという口コミも少なくはありません。

11歳以降の保険料の値上がり幅が急こう配であることから、ペットが高齢になっていくにつれ補償内容と保険料のバランスが徐々に合わなくなってくるという事態も考えられます。

とはいえ、終身継続が可能で上記の手厚い補償内容が続くこと、若齢期は保険料も比較的安価であることを考えると、長期総合的にみればバランスが取れているという見方もできなくはありません。

補償内容の評価は5点としました。

利便性について

年間限度額が設定されてはいるものの、全てのプランで免責金額や一日単位の上限金額・手術や通院の回数・日数制限がないという点は大きな利便性と言えます。ちょっとした体調不良や、何か様子がおかしいときなどにも気軽にペットを動物病院に連れて行くことができ、万が一の事態の早期発見にもつなげることができます。

窓口精算に非対応という点はデメリットでありますが、後日精算でも構わないからしっかりした補償が受けたいという方にとっては大きな問題ではない手間です。

利便性に関しては4点の評価としました。

商品の多様性について

イーペットのペット保険は、ごくごくシンプルな2プランのみで構成されているため、多様性という面では他社ペット保険と比べると際立った点は見受けられません。しかし、豊富な割引制度を設定していたり、70%プランであれば初回のケガは100%完治補償の制度があったり、シンプルな構成を後押しする制度をしっかり設けています。

複雑なカスタマイズをしてペット保険を利用したいという上級者には物足りないかもしれませんが、はじめてペット保険を利用する方や、シンプルな分かりやすい構成のペット保険を求めている方には問題なくご利用いただける商品です。

多様性に関しては可もなく不可もなくというところで、評価を3点としました。

口コミ評判

イーペットのペット保険の口コミは、賛否両論で明暗がはっきり別れる傾向があります。補償内容が手厚いといった趣旨のポジティブな口コミに対し、オペレーターの対応や解約手続きの複雑さに対するクレーム要素のあるネガティブな口コミが見受けられました。褒める口コミはとことん褒め、苦情を言う口コミはとことん苦情をいう、といった両極端な意見が多数でした。

口コミの評価としては、ポジティブとネガティブが半々であることから2点としました。

分析総括

若年期は比較的安価な保険料で手厚い補償を受けられるものの、高齢期になるにつれ急激に保険料が値上がりしていくという特徴のあるペット保険です。加入の条件が厳しめであるものの、その補償内容が充実していることから人気の高いサービスであるといえるでしょう。

非常にシンプルな70%補償と50%補償のプランのみのため、複雑な商品内容が苦手であるという方には向いていますが、ご自身の好みに合わせてカスタマイズしてペット保険を利用したいという方には少々窮屈かもしれません。

高齢期にかけ値上がり幅が急こう配になっていくため、加入の際は長期的なライフプランを立て、高齢期でのほかペット保険商品への乗り換えなども視野に入れた総合的な判断で加入するのがよいではないでしょうか。

イーペットのペット保険への(0件)のフィードバック

取扱い保険会社一覧

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。