ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト

ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト「ペット保険カフェ」

日本ペットのペット保険「いぬとねこの保険」

日本ペットトップ

日本ペットについて

日本ペットの「いぬとねこの保険」は、楽天のペット保険人気ランキング調査で1位を獲得するなど、その豊富なプランが人気の保険です。7年間で3度社名を変更し、現在(2020年5月)では最初の社名に戻りました。

プランの内訳としては、通院・入院・手術をトータル補償する「プラチナプラン」、通院費のみを補償した「ゴールドプラン」、さらにはもしもの時だけに備えられれば良いという人向けの手術のみ補償を補償した「パールプラン」があります。

プラチナプランとゴールドプランはそれぞれ補償割合が50%・70%・90%のプラン、パールプランは補償割合70%の、全部で7つの多様なプランを用意。ペットの飼い主の多様なニーズに沿った商品を販売しています。

企業情報

会社名 日本ペット少額短期保険株式会社
本社所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目8番6号 住友不動産日比谷ビル2階
取扱い商品 ペット保険

保険について

保有プラン 保障割合 年間最高補償額 補償内容
通院 入院 手術
プラチナ90%プラン 90% 90万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし
プラチナ70%プラン 70% 70万円 日額上限 限度日数 入院上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし
プラチナ50%プラン 50% 50万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし
ゴールド90%プラン 90% 90万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし 補償なし
ゴールド70%プラン 70% 70万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし 補償なし
ゴールド50%プラン 50% 50万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償限度額内なら回数制限なし 補償なし
パール70%プラン 70% 30万円 日額上限 限度日数 日額上限 限度日数 上限/1回 限度回数
補償なし 日数制限なし、年2回まで
賠償責任特約 対象となるペットがあやまって他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。最高500万円まで補償されます。

割引制度について

多頭割引

複数頭契約した場合1頭につき年間900円割引。

マイクロチップ割引

申込時にマイクロチップの番号を記入すると、保険料が年間600円割引になります。

無事故割引

1年間の契約期間内に保険金の支払いが一度もない場合、次年度の保険料は10%割引となります。

インターネット割引

インターネットで申し込んだ場合、保険料を10%割引します。

ご契約条件

既に何か疾病にかかっている場合、原則新規契約はできません。特定の疾病は補償しないという特約を付けることで新規加入できる場合があるので、詳しくは直接保険会社へお問い合わせください。

満7歳以上で、かつプラチナプラン90%もしくはゴールドプラン90%にお申し込みの場合、日本ペットが定める健康診断書を提出する必要があります。

特徴

補償範囲を細かく設定した3種のプラン

日本ペット少額短期保険では補償範囲を分けた3種のプランがあります。

通院・入院・手術をトータル補償する「プラチナプラン」、通院費のみを補償した「ゴールドプラン」、さらにはもしもの時だけに備えられれば良いという人向けの手術のみ補償プラン「パールプラン」があり、それぞれ補償割合を選ぶ形となります。

割合は、「プラチナプラン」「ゴールドプラン」がそれぞれ90%、70%、50%プランが用意されており、「パールプラン」のみ70%のみで、補償割合が上がっていくほど月々の保険料も高く設定されています。

他社の通院補償付きのペット保険では50%と70%の2種類であることが多いですが、90%と高い補償率のプランは手厚い補償を求めるユーザーには嬉しいプランといえます。

日額制限・回数制限がない

1日の通院・入院に対し支払われる保険金の限度額や回数制限がありません。治療費が発生した場合は、補償割合の分の金額を制限なく受け取ることができます。※

※パールプラン除く

賠償責任特約

ペットが他人に危害を加えて損害賠償責任が発生した場合に利用できる賠償責任特約に月額90円で加入できます。年間あたりの補償限度額は年間で最大500万円となります。

充実した割引制度

日本ペット少額短期保険では割引制度が充実しており、インターネット経由で加入した場合に適用される「インターネット割引」(5%割)、マイクロチップを装着しているペットに対して適用される「マイクロチップ割引」(600円引)、複数のペットを保険に加入させた際に受けられる「多頭割引」(1頭につき900円引) 、更新前の契約で保険の利用が一度もなかった場合に適用される「無事故割引」(5%割)があります。

個々の割引率は決して高いとは言えませんが、うまく利用すれば10%以上保険料を安くすることも可能ですので、少しでも月々の保険料を抑えたい方にとっては重要なポイントかもしれません。

保険料について

ゴールドプラン 保険料の例

プラチナプラン 保険料の例

パールプラン 保険料の例

評価

メリット

目的別で異なる3種類のプランが用意されており、例えば「”通院だけ/手術だけ”補償されていればよい」と考える飼い主はゴールド、もしくはパールプランを選べばよいですし、「とりあえず全部補償してくれる保険がいい!」という方はプラチナプランに加入すればよいわけです。

また、1回あたりの保険金支払限度額が無制限、かつ年間あたりの最大補償限度額も高めに設定されていますので、突然高額の治療費が必要な入院や手術が発生した場合でも手厚い補償を受けられます。

保険料の安さも、他社と比較して安めに設定されていますので、「保険料を抑えたいけれど補償内容は手厚い方がいい」というコストパフォーマンスに優れたペット保険を探している方にはお薦めの保険です。

デメリット

日本ペット少額短期保険のペット保険と同じ価格帯で販売している他社のプランに比べると、保険金の年間最大支払限度額が若干低目となっています。一番低い50%プランで年間50万円までの補償とはなっていますが、他社プランだと70万~100万程になっているところもありますので、日本ペット少額短期保険はやや低めに設定されています。

大きな病気にかかってしまうと限度額を越えその年の補償が受けられなくなる可能性もありますが、大きな病気やケガを何度もしない限りは大丈夫でしょう。

徹底分析

画像クリックで拡大します

安さ
補償内容
利便性
商品の多様性
口コミ評判
総合評価
18
(25点満点中)

分析値

日本ペットのペット保険は、通院・入院・手術をカバーした「プラチナプラン」、通院のみ補償する「ゴールドプラン」、手術のみの「パールプラン」など3種類が用意されており、パールプラン以外は保険料が50%・70%・90%に分かれています。
保険料は他社と比較しても安めに設定されており、高齢になってからの保険料もそれほど値上がりすることはありません。

また、日本ペット少額短期保険には割引き制度が多いのも特徴です。

・「無事故割引」(保険利用が1度もなかった場合に次年度の保険料が10%割引)
・「インターネット割引」(ネットからの申込で5%割引)
・「多頭割引」(複数頭で加入した場合、保険料が年間900円割引)
・「マイクロチップ割引」(マイクロチップ装着ペットは、保険料が年間600円割引)

といったように、割引制度をうまく利用すれば保険料を安く抑えることが可能です。 安さの評価については、3点としました。

安さについて

日本ペットのペット保険は、各プランごとに補償率を90%、70%、50%から選ぶことができ(パールプランのみ、補償割合は一律70%)、補償内容と保険料のバランスを自分で選べるようになっています。

また、「プラチナプラン」「ゴールドプラン」には、ペットが物や他のペット、人などに危害を加えて損害賠償が発生した場合にその費用を最大500万円まで負担してくれる「賠償責任特約制度」がオプションで付帯できます。月額90円、年額1,030円と安価で付帯できます。もしもの時には非常に助けになる制度ですので、入っておいて損はないでしょう

補償内容に関しては、4点の評価を付けました。

補償内容について

日本ペットは窓口清算ではなく、動物病院で治療を受けた後で書類を送付し、保険金を請求する後日清算するタイプの保険で、窓口清算に比べると書類の手続きなどが煩雑で手間がかかります。

日本ペットの保険プランには、年間限度日数や1日の限度額がないため、治療が高額だった場合や、何度保険を利用しても、年間保障限度額の範囲内であればきっちり補償の割合の分だけ保険金を受け取ることができます。

利便性については3点としています。

利便性について

日本ペットは、プランと補償割合の違いを含めると、全部で7種というプラン数の多さが特色のひとつです。治療費が高額になりやすい手術にだけ備えたい場合や、ちょっとしたケガや病気などでの補償も気軽に受けられるようにしたい場合など、自身の保険の使い方などに合わせて様々なプランを選択できるのは、便利なポイントとして挙げられるでしょう。

他にも、小額短期保険では他にない賠償責任特約のオプションが設定されている点など踏まえ、5点の評価としました。

商品の多様性について

ネット上の評価では「保険料の安い割に手厚い補償が受け取れた」「90%補償プランでも1日あたりの支払い限度や支払い回数に制限がないので、高額の治療費がかかった際にかなりの額が戻ってきた」といった価格や1日あたりの限度額、回数制限が無い点に関する好意的な意見などが多く見られました。

一方で、終身まで加入できない点への不安や、請求手続きの煩わしさに対する不満などの口コミが見られました。

口コミに関しては、3点の評価を付けました。

口コミ評判

ネット上の評価では「保険料の安い割に手厚い補償が受け取れた」「90%補償プランでも1日あたりの支払い限度や支払い回数に制限がないので、高額の治療費がかかった際にかなりの額が戻ってきた」といった価格や1日あたりの限度額、回数制限が無い点に関する好意的な意見などが多く見られました。

一方で、終身まで加入できない点への不安や、請求手続きの煩わしさに対する不満などの口コミが見られました。

口コミに関しては、3点の評価を付けました。

分析総括

日本ペット小額短期保険は価格が安い割に補償内容の手厚さを兼ね備えており、コストパフォーマンスに優れている人気の高い保険です。

窓口での清算にこそ対応しておらず、請求に時間がかかったり、終身加入ではなく20歳までという加入上限があったりといったデメリットはありますが、保険料と補償内容のバランスが良いペット保険をお探しの方にはおすすめできる保険のひとつといえます。

日本ペットのペット保険「いぬとねこの保険」への(0件)のフィードバック

取扱い保険会社一覧

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。