ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト

ペット保険|犬と猫のための医療保険比較サイト「ペット保険カフェ」

ペッツベストのペット保険

ペッツベストトップ

ペッツベストの企業情報

会社名 ペッツベスト少額短期保険株式会社
本社所在地 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 パレスサイドビル 1F
取扱い商品 ペット保険

ペッツベストについて

ペッツベストは、ペット保険業界初の商品である、28通りの組み合わせが可能な「自由設計型ペット保険」商品を販売してるペット保険会社です。

充実の補償内容で、家計にピッタリのプランを始めやすい保険料でスタートできることで、条件や毎月の金額にしっかりこだわりたいペットオーナーから高い人気を博しています。

セレクトできる内容は、
・保険金額(年間限度額)を20万円、50万円、100万円からセレクト
・免責金額(自己負担額)を2万円、5万円、10万円からセレクト
・支払割合を60%、80%からセレクト
といった点が挙げられる。
上記に加え、プレミアム特約の付加も選択することが可能となっています。

元々は米国で展開されていた、獣医師が作ったペット保険会社と日本の小額短期保険会社が業務提携し、米国でのペット保険販売のノウハウを元に日本の状況に合うよう調整を行って作られたペット保険で、ペットに精通した獣医師が作成した信頼感などからも人気の高いペット保険のひとつに数えられています。

保険について

※画像:公式サイトより

ご契約条件

〈特定疾病と定めて、保険金をお支払しない疾病〉
※保険開始時点で12歳の猫で新規でご加入の場合:慢性腎不全・甲状腺機能亢進症
※保険開始時点で7歳以上の未避妊・未去勢の犬で新規にご加入の場合
メス: 子宮内膜炎・子宮蓄膿症・子宮筋腫・卵巣囊腫・子宮水腫・乳腺腫瘍
オス: 前立腺肥大・会陰ヘルニア・直腸憩室形成・肛門周囲腺腫

特長

最大で28通りの組み合わせ

ペットオーナーの飼育環境やライフスタイルに合わせて、最大で28通りの組み合わせから自由に選ぶことができる点が最大の特徴です。

また、入院・通院・手術の回数制限がなく、1日あたりの保険金限度額なしで全国どこの動物病院でも対応可能という手厚い補償内容も魅力的です。プレミアム特約を付加することで高額医療にも対応可能なので、ペットのもしもに確実に備えておきたいオーナー向きの商品となっています。

高齢でも終身補償が受けられる

保険開始時点で50日齢から12歳11か月まで加入可能となっており、更新年齢の制限が設けけられていないので終身補償が受けられます。一度加入したペット保険を終身継続したいという場合でも、ペットの加齢を理由に継続を断られることなく安心して続けることが可能です。

ペッツベスト保険料について

保険料の例

※払込方法は、全ての支払い割合で保険料の全額を1回で払込む「一時払」と毎月払込む「月払」があります。
※お支払いは、クレジットカードもしくはコンビニエンスストア(一時払のみ)からの払込みをお願いしています。
※13歳以降の保険料は更新時にご案内します。保険料は年齢があがることにより毎年かわります。将来商品改定等により保険料が変更となる場合があります。

※ワンちゃんの場合は、下記「犬の分類表」から該当グループをご確認ください。

犬の分類表

評価

メリット

オーナーご自身で、28通りの保険プランを組み合わせで選べることは大きなポイントです。特約もさまざまな内容があるので、オーナーのライフプランに合わせた保険のカスタマイズができることは大きなメリットでしょう。

一般的にペット保険は、加入しているペットの年齢が上がっていくにつれ、保険料も上がっていきます。そのため、高齢になると保険料が家計を圧迫することもあり、注意と確認が必要です。ペッツベストは、年齢と同時に保険料が上がることは上がりますが、ほかのペット保険と比べると上昇の幅が緩やかなめ、飼っているペットが高齢になっていっても比較的保険料が安価で済む傾向にあります。

また、保険金の支払いまでの時間が早い点も大きなメリットです。窓口精算に対応していないため後日精算のみとなってしまいますが、平均すると15日前後で保険金を受け取れることが多いため、早めに保険金を受け取りたい場合には非常に助かります。ほかのペット保険では、保険金のお受け取りまで一か月程度かかる場合もあるため、ペッツベストのスピード感には定評があります。

デメリット

ペッツベストの保険は、入院・通院・手術の回数制限がなく、1日あたりの保険金限度額なしですが、1つの病気で支払われる金額に制限があります。そのため、1つの病気で高額な医療費になってしまった場合は限度額を超えてしまい支払われない、というデメリットがあります。そのため、1つの病気で長期療養が必要になった場合にはデメリットが大きく影響してくるでしょう。

また、窓口精算ができるペット保険と比較した際、ペッツベストは後日精算のみなので利便性の面でデメリットと感じるペットオーナーも一定数いらっしゃるようです。 ご自身の価値観や、ペットのどのような病気にそなえるのか十分に検討する必要があります。

徹底分析

画像クリックで拡大します

安さ
補償内容
利便性
商品の多様性
口コミ評判
総合評価
18
(25点満点中)

分析値

安さについて

ペッツベストの保険料は、年齢や犬種によってそれぞれ価格が変わります。犬は犬種別にABCDに分類され、猫は1種類のみです。。

犬の保険もかなり安く設定されていますが、猫の保険料がかなり安くなっており、猫を飼われている方にとってはこの点非常に嬉しいポイントです。

  • 犬A
  • 犬B
  • 犬C
  • 犬D

また、ペッツベストの保険料は、値上がりの幅が高齢になっても大きくなるといったことがなく、保険料の値上がり幅も緩やかとなっています。安さの評価に関しては3点の評価としました。

補償内容について

ペッツベストの補償率は60%または80%に設定されており、よく他社プランである50%よりも高めになっています。

受け取れる補償額の割合が高いことは間違いなくメリットですが、ペッツベストでは1回の傷病に対して免責金額(自己負担額)が設定されている点は要注意です。

1回の治療費が免責金額より低いと、病院にかかっても保険金が支払われない、といったケースも出てきます。

上記の点を考慮し、補償内容については4点評価としました。

利便性について

ペッツベストは後日保険金を書類送付する方式のため、窓口清算に比べると保険金の受取りに時間がかかるため、利便性については若干劣ります。
また、ペッツベスト側で指定する請求書に獣医師のサインが必要なため、少々手続きが面倒な点は否めません。

保険の使い安さに関しては、終身加入ができないとはいえ、12歳11ヶ月まで加入できるという条件、高齢でも保険料が他社に比べて安く、値上がり幅も安いのは高齢のペットの飼い主にはありがたい点です。

また、回数・日数制限や1日あたりの限度額がなく、高額な治療が発生しやすい高齢ペットにとっては非常に使いやすい保険であるといえます。

上記の点から、評価を3点としました。

商品の多様性について

ペッツベストは、ペット保険業界初の「自由設計型ペット保険」です。28通りの組み合わせが可能で、特約オプションも豊富にあるのでご自身にピッタリの保険内容をカスタムできます。

また、更新年齢の制限なしで終身補償を継続できる点は、オーナーとペットのライフプランを考えるうえで非常に自由度の高い内容となっております。

上記を踏まえ、多様性に関しては、4点の評価です。

口コミ評判

ペッツベストの保険に対しては、ネット上では「1日あたりの制限無しで80%の補償が受けられるのはありがたい」「高齢でも加入ができたのでよかった」といった意見が見られました。
改善を求める声では、ペッツベストが12歳11ヶ月までしか加入を続けることができないため「もっと高齢でも加入できるようにして欲しい」といった年齢に関する要望や「免責金をなしにして欲しい」「手術などの高額治療に特化したプランが欲しい」といった口コミなどが見られました。

口コミに関しては、4点評価としました。

分析総括

ペッツベストは保険料の安さと高い補償率でのサービスを提供している反面、疾病ごとに免責金額が設定されています。

免責の設けられている保険は、診療費が免責金額を下回るような場合に保険が使えない、といったマイナスポイントがあります。場合によっては、ちょっとした通院では利用できないケースも少なくないと思います。

逆に、高額の医療費がかかった場合は自己負担額はかなり手厚く補償されます。少額の治療で頻繁に利用する方向けというよりは、高額の医療費がかかった時に備えたい人向け、更に言うならば、高齢ペットの高額治療に備えたい方には打ってつけのペット保険であるといえます。

ペッツベストのペット保険への(0件)のフィードバック

取扱い保険会社一覧

ご注意)当サイトは各社ペット保険の概要を説明しています。
ご契約の際は引受保険会社のパンフレット、webサイト等で商品資料をご確認の上、お申込みください。
また、重要事項等の説明もあわせてご確認くださるようお願い申し上げます。